移った場合の治療|ピリピリは腰部脊柱管狭窄症が原因かもしれない
ドクター

ピリピリは腰部脊柱管狭窄症が原因かもしれない

移った場合の治療

ナース

転移が早いすい臓がんなどにかかった場合、転移したがんの状態にあわせて治療法を決めることができます。すい臓がんによって隣り合う臓器などに移転が認められた場合、他に移転が認められていなければ、すい臓がんの処置とともに転移したがんを切開法によって切除します。病巣の摘出は転移が認められないがんへの治療法として確実であり、病巣を患部の一部とともに切り取ることで、病状の早期改善とがん細胞の拡散リスクを減らすことが出来るでしょう。がん細胞は放置する時間が長いほど深刻な症状を呈するため、迅速かつ確実な切開による施術は多くの病院で行われている施術方法なのです。

転移したがん細胞が広範囲に渡って発見された場合、切開による施術から抗がん剤や放射線治療、または免疫治療などの方法で治療が行われます。切開による施術は体に大きな負担を与える方法であるため、全身に渡って発見された場合は違う方法が適用されるでしょう。一つ一つを切開で取り除くことは患者さんの命にかかわるため、行なうことが出来ないのです。こうした場合に利用できるのが抗がん剤であり、投薬や点滴を使用して全身に渡ってがんに影響を与える効果を波及させることができます。他にも、放射線治療であれば切開を行わず、皮膚の上からがんへアプローチを行なうことができるため、がん治療に高い効果が得られるでしょう。近年では、より体に負担がない方法として免疫治療が注目されており、体にできるがんを駆除する免疫細胞を強化したり、免疫細胞ががんを見つけやすくさせる治療などを行なったりすることで、体に元々備わっていた免疫力によってがんを撃退することができるでしょう。