危険な部位のがん|ピリピリは腰部脊柱管狭窄症が原因かもしれない
ドクター

ピリピリは腰部脊柱管狭窄症が原因かもしれない

危険な部位のがん

聴診器

すい臓がんは、通常の臓器などにできるがんと比べ、治療を行なう上で多くの問題が発生するものです。他の場所にできるがんよりも治療が困難であるため、多くの医師を悩ませる病なのです。すい臓がんは、自覚症状が現れにくいです。この病に罹患して病院へやってきた人の多くが、症状がかなり進行しているケースが多いです。そのため、病を完治させることが難しくなるのです。すい臓がんに現れる自覚症状は、主に胃や背中になんらかの負担や違和感を覚えることで発見されることが多いのです。他にもすい臓がんの特徴的な症状として、黄疸が体に発生することが挙げられます。がんが原因となり、胆管が詰まることで起きるこの黄疸もまた、すい臓がんを察知する上での重要な初期症状であるため、こうした症状が現れた場合は速やかに病院の診察を受ける必要があるでしょう。

ほぼ九割の確率で、すい臓がんはすい臓本体ではなく、すい臓につながっている膵管に発生すると言えるでしょう。膵管にできたがん細胞は多くの臓器に湿潤し、がん細胞を転移させてしまうことがあるため、転移が発生すると体の広範囲に影響を及ぼされる事となります。また、すい臓自体も多くの血管とリンパ管につながっていることから、血液やリンパ液の流れに乗って拡散する場合もあるので、非常に厄介ながんなのです。初期状態で自覚しづらいため、気づいた時には全身にがん細胞が転移しているという最悪な状態になる場合もあるでしょう。人間ドッグなどでがんの有無を定期的に調べることが重要となります。