検診を受ける|ピリピリは腰部脊柱管狭窄症が原因かもしれない
ドクター

ピリピリは腰部脊柱管狭窄症が原因かもしれない

検診を受ける

医者

乳がん検診の現在の取り組みやトレンドについて、2種類の方法が主流となっています。乳がん検診として知られているのは、マンモグラフィーです。乳房を挟んで様々な方向から撮影することによって乳がんを発見する機械で、乳がん検診の主流として使用されていました。しかし、今では妊娠の時に胎児を見る超音波エコー検査によって乳がんを発見することも出来るようになりました。マンモグラフィーは乳房を挟むため、痛みを伴うことがありますが、エコー検査は寝ているだけなので人気があります。乳がんになる可能性の低い若い人はエコー検査だけ、35歳以上になるとマンモグラフィーと合わせて検査を行う人が増えています。2種類の検査を行うことで、乳がんをより発見しやすくなっています。

乳がん検診の今後の動向についての予測ですが、より若い年代から受けやすい環境になると考えられます。マンモグラフィー検査だけでなくエコー検査によって乳がんの発見を出来るようになったことで、より若い世代でも受けやすくなると考えられます。痛みがないというのが主な理由ですが、もう一つ若年層は乳腺密度がより濃いためエコー検査が望ましいというのが言えるからです。乳がん検診は恥ずかしいと躊躇する人も中にいるかもしれませんが、エコー検査はベッドに横たわって診てもらうだけなので受けやすいということです。若いうちからエコー検査に慣れていると乳がん検診の大切さが理解できる丈、マンモグラフィー検査にも以降し易いと考えることから、どんどん増えていくと予測できます。